関連法規/基準項目および基準値

遊泳用プールの水質基準

遊泳用プールの衛生基準について(健衛発第0528003号)(厚生労働省条文リンク[PDF]

項目名検査頻度水質基準
1 pH値毎月1回以上5.8以上 ~ 8.6以下
2濁度2
3過マンガン酸カリウム消費量12
4遊離残留塩素濃度毎日3回以上
(午前中1回以上及び午後2回以上
※このうち1回は、遊泳者数のピーク時が望ましい)
0.4 mg/L 以上~1.0 mg/L 以下が望ましい
5大腸菌毎月1回以上検出されないこと
6一般細菌200CFU/ml 以下
7総トリハロメタン毎年1回以上
(6月~9月、水温が高めの時期)
おおむね0.2mg/L以下が望ましい
8レジオネラ属菌
(気泡浴槽、採暖槽等対象)
年1回以上検出されないこと

ページの先頭に戻る

学校用プールの水質基準

学校環境衛生基準(平成21年文部科学省告示第60号) (文部科学省条文リンク[PDF]

項目名検査頻度水質基準
1 pH値使用日数の積算が30日を超えない範囲で1回以上5.8以上 ~ 8.6以下
2濁度2 度以下
3過マンガン酸カリウム消費量12 mg/L以下
4遊離残留塩素濃度0.4 mg/L 以上~1.0 mg/L 以下が望ましい
5大腸菌検出されないこと
6一般細菌200 CFU/ml以下
7総トリハロメタン使用期間中に1回以上0.2mg/L以下が望ましい
8循環ろ過装置の処理水毎学年1回定期循環ろ過装置の出口における濁度は、0.5度以下であること。また、0.1度以下であることが望ましい。

ページの先頭に戻る