ダニアレルゲン検査

ダニによる健康被害を防ぐために

家屋内に生息するダニには、その糞や死がいの粉末が人間の呼吸器に入り、アレルゲン(アレルギー原因物質)となるものがあります。
文部科学省が規定する「学校環境衛生の基準」では、平成16年2月に一部改訂が行われ、ダニまたはダニアレルゲンを年1回定期的に検査することが義務づけられました。検査によって基準値を超えるなどの問題が確認された場合は、ダニの効果的な駆除方法をご提案させていただきます。

取引実績(東海地方)

  • 公立学校様
  • マンション様 など

検査項目

関連法規項目検査頻度参考価格(税込)
学校環境衛生の基準ダニまたはダニアレルゲン年1回(夏期に行うことが望ましい)検査場所の件数により異なりますので、お問い合わせください。

主な作業の流れ

1 訪問・ダニ捕集

弊社の担当者が検査場所を訪問し、ダニを掃除機で捕集します。

2 検査

ダニの数を顕微鏡で計数するか、専用の試薬でアレルゲンを抽出してアレルゲン量を測定します。
弊社では以下の種類の検査ができます。
・ ダニアレルゲンの有無(定性)
・ ダニ生息密度(定量)
・ ダニの種類判定(同定)

3 報告書ご提出

検査結果報告書をご提出させていただきます。

ご依頼方法

お気軽にお電話またはお問い合わせフォームでお問い合わせください。
建物の件数および規模を確認の上、ご返事・お見積りをいたします(無料)。
TEL : 052-411-2386
お問い合わせフォーム