学会発表

2017年度 名古屋学芸大学 研究・実践成果発表会:微小コロニー法検査装置の実用化研究についての発表

名古屋学芸大学健康・栄養研究所 2017年度研究・実践成果発表会において、弊社社員が研究した微小コロニー法検査装置の実用化についての発表を行いました。

■日時: 平成30年3月17日(土)

■会場: 名古屋学芸大学 5号館2階「521 演習室」
    (〒470-0196 愛知県日進市 岩崎町竹ノ山57)

■発表内容: 微小コロニー法検査装置の実用化研究(迅速検査法の確立研究)

■発表者: 福岡 瑞紀

■ホームページ: https://www.nuas.ac.jp/IHN/field/index.html

   

第33回日本環境感染学会総会:MRSAアウトブレイク対応についてのポスター発表

平成30年2月23日(金)・24日(土)に行われる第33回日本環境感染学会総会にて、弊社社員が共同研究した「MRSAアウトブレイクの対応」についての演題が発表されます。ご興味のある方はぜひご参加ください。

■会期: 平成30年2月23日(金)・24日(土)

■会場: グランドプリンスホテル新高輪B1F さくら
    (〒108-8612 東京都港区高輪 3-13-1)

■発表内容: 皮膚障害のある職員への介入を中心としたMRSAアウトブレイクの対応

■ホームページ: http://www.congre.co.jp/33jsipc/index.html

   

第71回国立病院総合医学会:共同研究の「POT法」についての発表

平成29年11月10日(金)・11日(土)に行われる第71回国立病院総合医学会にて、弊社社員が共同研究した「POT法」についての演題が発表されます。ご興味のある方はぜひご参加ください。

■会期: 平成29年11月10日(金)・11日(土)

■会場: サンポートホール高松 他
    (〒760-0019 高松市サンポート2-1 ※JR高松駅から徒歩3分)

■発表内容: 脳外科病棟におけるMRSAによるアウトブレイクを経験して
             -POT法により明らかになった病院職員のアウトブレイク株と同一菌株の保有-

■ホームページ: http://www2.convention.co.jp/71nms/

   
   
   
   

日本防菌防黴学会 第44回年次大会で発表します

平成29年9月26日(火)~27日(水)に行われる日本防菌防黴学会「第44回年次大会」にて、弊社社員が「迅速検査法」についての研究発表を行います。ご興味のある方はぜひご参加ください。

■会期: 平成29年9月26日(火)~27日(水)

■会場: 千里ライフサイエンスセンター
    (大阪府豊中市新千里東町1-4-2 ※地下鉄御堂筋線「千里中央駅」すぐ)

■発表内容: 微小コロニー検査装置の実用化研究(迅速検査法の確立研究)

■発表者: 松尾 一生、星指 洋平、福岡 瑞紀、森山 誠(有限会社 森山環境科学研究所)
      海谷 慎一(株式会社 槌屋)
      岸本 満(名古屋学芸大学・健康栄養研究所)

■日本防菌防黴学会ホームページ: http://www.saaaj.jp/

   
   
   
   

関連情報

株式会社 槌屋